僕と君と架空世界と

境界の皇女

一迅社ノベルス
『境界の皇女』
2015年7月30日発売  四六判 本体1,300円+税

表紙・中扉描かせて頂きました~~~!
硬派な和風ファンタジーです。獣とかも描きました!
お手にとってもらえると嬉しいです。
よろしくお願いいたします!(^O^)

表紙・裏表紙の見開きイラストはこちら

------------------------------------
内容(ステラワースより)

著者:吉村りりか イラスト:和遥キナ

乙女系シナリオライター&人気絵師による、和風恋愛ファンタジー×キャラ文芸作品!

火遠理国・野椎国・淡海国・草那国の四か国にわかれた大陸。
最も小さな野椎国は、古の呪術を受け継いでいる唯一の国であり、他国との交流は閉ざされていた。
野椎の第一皇位継承者である伊古那姫は、
実母の死後、継母となった妖艶な妃・須芹に七年間も書庫に閉じ込められていたが、
政略結婚として火遠理の王に嫁ぐことを条件に、ようやく書庫から出ることを許される。
火遠理国に到着した伊古那は、若き王・終夜と運命的な出会いを果たす。
政略結婚で定められた相手に心惹かれあう二人だったが、
須芹の呪いと魔手が蠢きはじめ、火遠理は危機を迎える。
伊古那は野椎国第一皇女として、また火遠理国王妃として、須芹に立ち向かうことを選ぶのだが――。

------------------------------------